四国の森

植林から伐採、製材まで、高品質を生み出す

一括管理

『四国の森』のふるさとは、徳島県那賀郡那賀町です。
那賀町は高樹齢、大径木の杉に恵まれた林業の里で、
伝統的な地場産業として材木や木材製品を製造・出荷。
手間ひまかけた天然乾燥などの仕事が、高い評価を得てきました。

1.杉苗

種から大事に育て、2年後、約30センチ程度に成長したところで山に植林します

2.伐採

伐採対象となるのは、最低でも60年以上の大木。

3.製材

フルラインでオートメーション化した工場で、製品ごとの規格に沿って製材していきます。

4.加工

十分に天日乾燥した杉板を、手作業を交えながら丁寧に加工していきます。この時点でも不良品は厳しく選別されます。